社長挨拶

創業より築き上げた信頼を守り、多方面から地域社会へ貢献します

中央エンジニアリング株式会社は、建設関連業として、道路・河川・砂防・構造物を整備するための調査、測量、設計、管理などを行っております。

本年で弊社は創業40年を迎えました。この日を迎えることが出来たのも、ご発注頂いた仕事を誠実に進め、結果にご満足を頂いてきたことの積み重ねと、何よりも地域の皆様の支え合ってのことと改めて御礼を申し上げます。

土木業界は現在、新しい技術への過渡期にあります。労働力の減少に伴って建設ICTという言葉が脚光を浴び、ドローンや3Dスキャャナー等の機器を駆使して3次元DATAを作成し、施工段階では女性でも比較的楽に現場作業が出来るようにと、整備が進められています。弊社でも機材の整備に先行投資を行い、この波に乗り遅れることのないよう、常に情報収集を進めております。

また、業務を進めるにあたり現場を良く把握する事と、公共の施設を整備するための意図をつかむ事が重要です。我々に求められているのは、自分の考えでひとつの答えを導くことではなく、利用者の目線に立った「使い易い」であったり、影響範囲の方々の「生命と財産を守る」ことを考えた設計です。しかしながら、我々も民間企業である以上、利益の追求という要素も踏まえ、利用者様、発注者様、弊社の3方が満足できるような最適な提案をさせていただきます。

今後も弊社三訓の、誠実・機敏・団結、を胸に、全社員及び家族のひとりひとりの向上と幸福をつかみ取れるよう、小さな会社ではありますが、地域の雇用創出、利益からの納税という形でも地域貢献を続けて参ります。

 

代表取締役 辻 伸之

 

>>NEXT 経営方針

PAGE TOP